今年こそ希望の手帳を見つけたい

年末が近くなって、書店や文房具店に来年の手帳が並ぶようになりました。

私は約10年「ほぼ日手帳オリジナル」を愛用していますが、分厚くて持ち運ぶのに重量があるため、軽くて持ち運べる手帳を去年から探していました。

今年の分は気に入ったものが見つからなかったのでほぼ日手帳を今年も使っていますが、次こそは希望の手帳を見つけるために色々と調べています。

ほぼ日手帳オリジナルではデイリーページとして1日1ページが設けられていますが、私はあまり書く機会がなかったのでこの部分は少なくていいと感じています。

マンスリーがあって自由に書くスペースやメモがあればいいと思っています。

そんな私の希望が叶うかもしれないものを最近見つけました。

手帳と呼んでいいか分かりませんが、コクヨ「キャンパスダイアリーノート」が私の希望に近いと思っています。

中身もほぼ希望通りだし、何より薄くて持ち運びができるので何かあればすぐ書くことができます。

まだ実物を見ていないので、店舗で探して実物を見てから購入したいです。

私はこのままでいいのだろうか。

我が家は子度が二人いる四人家族です。

主人の希望で、私は外に出て働いていません。

できれば週3ほどのパートがしたいのですが、主人には、家にいて欲しいと頼まれます。

普段、子供たちは園に通っているので、私は主に在宅ワークをしています。

それと、私の実家が自営業なので、週に1~2日アルバイトとして手伝いに行っています。

しかし、子供たちも日々成長していて、金銭的にキツくなってきているのが本音です。

私の在宅ワークとアルバイト代なんて、微々たるものです。

主人も協力してくれて、タバコの本数をかなり減らしたり、大好きなポテトチップスを我慢したりしているのですが、だったら、私を外に働かせに出してほしいな、と思ってしまいます。

私はこのままでいいのだろうか、悩む日々です。